【2019年】ソムリエ・ワインエキスパート試験合格のための5種の神器 (一次試験編)

はじめに

 

これまでお酒をそこまで飲まなかった私が、2016年頃からある南フランスの安ワインを飲んでワインを好きになり、ワインの奥深さを知り、2017年10月頃に「どうやらワインエキスパートという素人でもトライできる資格があるらしい」、「しかも、ソムリエと同じぐらい難易度が高いらしい」という情報に出会い、頑張って勉強した結果、1年後の2018年に「ワインエキスパート」という資格に合格しました。

 

本日はワインエキスパートという資格についてと、私が合格するまでに行った事・お世話になったサイトについてご紹介したいと思います。ワインをより詳しく知りたい方。飲食店に勤めており、ソムリエに興味のある方は是非ともチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験とは

 

 

ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験とは、一般社団法人・日本ソムリエ協会が認定するワインに関する資格です。ソムリエ試験は、3年以上飲食店従事、或いは料理に関わる職を経験している方(非会員の場合)にのみ受験資格があります。合格するとソムリエバッジが発行され、日本ソムリエ協会認定のソムリエとして名乗ることができます。

一方、ワインエキスパートは誰でも受験が可能で、ワインが好きな方にワインを普及してもらう事を目的として日本ソムリエ協会が認定する資格です。受験料は一次試験を1回だけ受ける場合は25,540円です。(2回受ける場合は29,760円)

 

飲食店に従事する方は、ソムリエバッジをつけていると箔がつきますし、自分自身の武器にもなると思います。一方、ワインエキスパートは取ったからといって何かあるわけではありません。ただ、話のネタにもなりますし、より一層ワインが好きになるかと思います。私はワインエキスパート資格取得のための勉強過程で、知らないワインと出会い、ワイン選びが一層楽しくなりました。

 

一次試験は、テストセンターでの選択問題。二次試験は実際にワインを飲んで行うテイスティングです。ソムリエ試験のみ三次の実技試験があります。なお、ソムリエ試験の三次試験は通過率が非常に高いようです。

 

現状、日本は「世界でも最もソムリエが多い国」であり、試験が甘すぎたという経緯があります。田崎真也さんが会長になってから試験が難しくなり、合格率も年々厳しくはなっております。ソムリエ・ワインエキスパート共に合格率が25~30%程と、3人から4人に1人が通るという倍率です。ただ、私が受験した感想でいえば、「勉強さえすれば」まず一次試験は突破できる可能性が高いです。この「勉強さえすれば」というのは「個人がどこまで頑張るか」と「勉強方法を間違えないか」に掛かっています。

 

スポンサーリンク

一次試験はひたすら覚えるだけ

 

今回は一次試験についてご紹介します。一次試験はテストセンターでの4択の選択問題です。選択問題なので「知っているか、知っていないか」です。極端に言えば、運の要素はほとんどなく、頑張って覚えれば覚えるほど一次試験突破に近づきます。満点を狙うテストではなく、ボーダーラインが正答率6割辺りだと言われておりますので、本気で覚える気があるかないかにかかっています。

 

では、どうやって覚えればいいのか? 受験料の払込みをすると送られてくるソムリエ教本を1ページ目から読んでは絶対にいけません。普通の人間は絶対に挫折します。まずは、覚えるべき基本部分から学習するのがおススメです。そのためには、ソムリエ教本を開かず、以下の5つのサイトを利用して勉強を始めてください。

 

スポンサーリンク

ワインエキスパート合格に必要だった「5種の神器」

※あくまで私の勉強法ですので、同様の方法で必ず一次試験を通過できるとは限りません。あらかじめご了承ください。

 

私はワインエキスパート試験、一次試験に関する教材は一切買いませんでした。なお、二次試験のテイスティングに関しては不安だったので、教材を買ったり単発のワインスクールには通いました

 

正直なところ、一次試験は以下の5つのサイトにある情報を勉強するだけで、約6割と言われる合格のボーダーラインは超えることができると思います。私の受験時は2018年で、一次試験がテストセンターに移行した1年目でしたが、以下の5つのサイトを利用して勉強した事と5chで流れた奇問・難問情報をもとにソムリエ教本を読みこんだおかげで9割取ることができました。

 

基本的に以下の5つのサイトは「基本的」に無料で利用できますので、私の場合は一次試験のための教材を買う費用は一切発生しませんでした。一次試験はやり方を間違えずに努力すれば報われるはずです。一方で、やらなければ通過できません。これは間違いありません

 

おススメは、各サイトにある「問題」を解きながら覚えていくことです。

間違っても、送られてきたソムリエ教本をいきなり開いてはいけません! 心が折れます。(笑)

 

あまりこういう事を言ってはなんですが、資格を取る事だけを目標にした場合は、長期でワインスクールに行く必要はないです。これはワインスクールがダメという事では決してありません。ワインスクールの良さは、一緒に勉強しながらワイン仲間をつくることができる点だと思います。これは素晴らしい事だと思いますので、楽しみながら資格取得も目指したいという方はワインスクールは良い選択だと思います。一方で、ワインスクールに通う事で「やっている感」が生まれてしまい、慢心してしまう可能性もありますのでその点は注意しなければなりません。テストセンター制になってワインスクール内で問題が共有されていたようですので、そういう面では有利にはなりますが・・・

 

なお、二次試験はテイスティングですが、こちらは1回はワインスクールの単発レッスンに行った方が良いです。二次試験はある程度のテクニックが必要です。こちらは別途ご紹介したいと思います。

 

以下に私が助けられた5つのサイト・ブログをご紹介します

 

1.「Sommelier for free」様

 

これからワインについて勉強する方は超必見です。まず初めにこちらの動画を見て勉強しましょう。講師の小林史高先生の説明がわかりやすく、要点だけが簡潔にまとめられています。現在は、ジョージアやギリシャなど様々な国が出題範囲になっており、これだけで試験に受かることができませんが、導入としてこれを観ているか観ていないかで大きく変わってきます

 

これだけのコンテンツを全て無料でやってくれるなんてなんて親切なのでしょう。勉強はまずこちらの動画から始めることをおススメします。

 

・勉強をスタートする時に動画を観てスタートダッシュをつけましょう。ここをスタートにするだけで全然違います。

 

2.「ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!」様

ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。…

 

こちらも全て無料で勉強する事ができる超おススメサイトです。管理人様のソムリエ試験実体験をもとにした要点の解説は本当に素晴らしいです。時間をかけて作成したであろうワイン地図はとても参考になりますし勉強になります。

 

ちなみに、私もボルドーの1級から5級シャトーは、こちらに掲載されている頭文字を覚える方法で全て覚えることができました。私は勉強を始めてから1か月間、1のSommelier for freeとこちらのサイトの情報だけを勉強して、2017年までの過去問は8割を取れるようになりました。それだけこちらのサイトは要点をしっかり押さえられているという事かと思います。

 

・暗記のコツがいっぱい詰まっているサイトです。最初の記事から一つずつ完璧にやっていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

3.「とみわいん.com」様

 

ワインスクール・アカデミーデュヴァンの講師である富田先生が個人で運営されているサイトです。各国毎の生産地がまとめられた画像ファイルなどが無料で配布されており、詳しい情報までまとめられています。また、問題集も掲載されており、中には難しい問題もありますのでソムリエ教本を手にしながら知識をつけていく事もできます。私も、画像を自分のスマホやタブレットにダウンロードさせていただき、移動中に勉強していました。

 

また、YouTubeでも替え歌で様々な産地やブドウ品種を覚える方法をアップされていますね。私は使用しなかったんですが、結構利用されている方も多いようです。

 

・各国毎にまとめられた画像ファイルは本当に素晴らしいです。「問題」も掲載されていて実力をつける事ができます。

 

4.「ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ」様

ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ

2018年度講座開講中!もう七年目、自信あります。ワインスクールに通わずとも合格できるということ。…

 

現役ソムリエである管理人様が、ワインスクールに行かずとも合格できるよう立ち上げられたブログです。こちらのブログの特徴は、「問題に答えが掲載されていない事」。これによって、わからない問題は自分で調べる癖がつくという事です。私は、問題を腕試しとして捉えて利用させていただきました。2のブログと3のサイトで勉強していたので、答えられない問題はほぼない状態になっていましたので、自信につながりました。

 

なお、こちらのブログでは「二次試験対策マニュアル」というものを独自に作成されており、このマニュアルを利用したい場合は若干費用が発生しますのでご注意ください。

 

・ペースに合わせて更新頻度も調節してくれているブログです。問題を解きながら自分で調べて知識をつけていけます。

 

5.「田辺由美のWINE SCHOOL」様 (2016年までの過去問)

田辺由美が講師を務めるワインスクール。ワインインストラクターやソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートの資格取得…

 

こちらは、2016年までの問題と解説が掲載されています。2018年からはテストセンターに移行しましたので問題の出題傾向は変わりましたが、基本を押さえるという意味では絶対にやった方がいいです。なお、ソムリエ・ワインエキスパート試験は問題を解きながら覚えていく方法が絶対おススメです。私の場合は、1の動画と2のブログをやりながら、過去問を解いて少しずつ覚えていきました。

 

・過去問が掲載されているので、2016年までの問題はこれで完璧にしていきましょう。

 

スポンサーリンク

テストセンターになって、ソムリエ教本も読む必要が出てきました

 

2018年から一次試験がテストセンターでの挑戦となり、問題数を多く作成する必要があるという事で様々な奇問・難問・悪問が発生し話題になりました。これは、受験者が自由に試験日時を選択して各自会場で受ける事になったため、全ての受験者に同一の問題を出すことが難しくなったためですね。重箱の隅をつつく問題にも対処しなければならないようになってきましたね。

 

まずは、上記「5種の神器」で基本情報を完璧にした後で、ソムリエ教本を開きましょう。そうすると、基礎はできていると思うので、後は気になった個所を覚えていくのみです。

 

私の場合は、以下の問題が出題されました。

Q. カステラの起源となったポルトガルのお菓子の名前は?

Q. マイクロソフトの本社はアメリカの何州?

Q. オーストリアのフライドチキンの名前は?

 

あとは、日本酒の問題やワイン以外のお酒の問題も多く出題されました。

 

私の受験年では、5chで問題が大量に流れていたので、それらもソムリエ教本で勉強して答えられるようにしていきました。確かに5chで流れていた問題が何問か出てきましたので役に立ったと思います。少し様子見をするために、受験日を中盤辺りに設定していて良かったのかなと思います。

 

このように、ソムリエ教本もチェックする必要は出てきました。しかしながら、あくまで基礎が大事です。そのためにも、まずご紹介した「5種の神器」を使って基本問題は必ず間違えないという状態になってから、ソムリエ教本を開くようにしましょう。

 

なお、あくまで私の勉強法ですので、同様の方法で必ず一次試験を通過できるとは限りません。あらかじめご了承ください。

 

スポンサーリンク

最後に

 

飲食店で働く方にとっては、ソムリエバッジは自分の武器にもなるので、絶対におススメです。また、ワインエキスパートの方は特に何かあるわけではないですが、ワインに関する知識もつきますし話のネタにもなりますので、気になった方はチェックしてみてください。

 

資格を取る数年前まではワインをほとんど飲んだ事がなかった私でも合格する事ができました。勉強法を間違えずに努力すれば一次試験はクリアすることができるはずです。一次試験を通過すれば3年は一次試験免除になりますので、二次試験のテイスティングがダメだったとしてもいつかは取ることができます。要は真剣に取り組めるかそうではないかです

 

なお、二次試験については、別の記事で詳しくご紹介したいと思います。

 

また、試験対策問題集はこちらからどうぞ。

World Wine Entertainment

※本ブログの問題は一般社団法人日本ソムリ […]…

 

ワインというお酒に興味がある方は、ソムリエ・ワインエキスパートについてチェックしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

最新情報をお届けします