【ソムリエ・ワインエキスパート試験/対策問題】第24回:イタリア⑤ 北部5州(ヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州、エミリア・ロマーニャ州)

※本ブログの問題は一般社団法人日本ソムリエ協会が発行している「日本ソムリエ協会教本(2020)」をもとにしています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策

 

本記事では、ソムリエ・ワインエキスパート試験にて出題されそうな問題について小テスト形式でご紹介します。何度も問題を繰り返すことで、身についていくと思いますので、コツコツと一つずつクリアしていきましょう。また、選択肢に表示されている単語で、知らない単語などがあればそちらもチェックしておきましょう。

 

今回は北部5州(ヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州、エミリア・ロマーニャ州)です。正直なところ、試験的にはピエモンテ州、ロンバルディア州、ヴェネト州と比較して出題される可能性は低いです。しかしながら、テストセンターに移行されてから「重箱の隅をつつく問題」が増えました。余裕があれば重要なポイントに関してはおさえておきましょう。※恐らく出題されるとしても本記事の小テストのように「説明文から州名を選択する」という形式だとは思いますが・・・

 

5つの州の地理関係

 

 

ヴァッレ・ダオスタ州

ヴァッレ・ダオスタ州のポイント

イタリアの北西部に位置するヴァッレ・ダオスタ州は、北はスイス、西はフランスと国境を接しています。イタリアで最も小さい州でワイン生産量も20州で一番少ないです。山麓地帯であり、65%は赤ワインです。

 

ヴァッレ・ダオスタ州の主なブドウ品種

固有品種が多く、黒ブドウは「フミン」「プティ・ルージュ」、白ブドウは「プリエ・ブラン」などがこの地域特有の品種です。この辺りは試験的にはボヤっと目を通すぐらいでいいのではないかと個人的には思います。

 

ヴァッレ・ダオスタ州の主要なDOCワイン(DOCGはなし)

・ヴァッレ・ダオスタ

そのままなので、まず出題されないとは思います。

 

リグーリア州

リグーリア州のポイント

南側は海に面しており、横に長い形の州であるリグーリア州。州都はイタリア最大の港町である「ジェノヴァ」です。※サッカー選手の三浦知良選手が一時期所属していました。

 

リグーリア州は「チンクエテッレ」という世界遺産をチェックしましょう。チンクエテッレとは5つの村の総称で、絶壁に広がる段々畑の風景が世界遺産に登録されています。実はこの地域で造られる「チンクエテッレ」というDOCワインがありますので、関連付けて覚えておきましょう。

 

リグーリア州の主なブドウ品種

白ブドウの「ヴェルメンティーノ」というティレニア海(イタリアの西海岸)沿いで栽培される白ブドウが多いですがこの地方固有の品種ではありません。

 

また、「ボスコ」というDOCチンクエ・テッレに用いられるこの地方固有の白ブドウをチェックしておきましょう。チンクエ・テッレはボスコ以外にヴェルメンティーノなど他のブドウも使うため、試験で問われるかどうかは不明です。

 

リグーリア州の主要なDOCワイン(DOCGはなし)

チンクエ・テッレ(白)

元々はチンクエ・テッレとは5つの村の総称で、絶壁の段々畑の風景が世界遺産に登録されています。この地方の固有品種であるボスコ、西海岸沿いで栽培されるヴェルメンティーノなどのブドウ品種を使用します。なお、陰干しの甘口バージョンは「チンクエ・テッレ・シャッケトラ」と呼ばれます。

 

・ロッセーゼ・ディ・ドルチェアックア(赤)

「リグーリアで最も重要な赤ワイン」とソムリエ教本に記載されているので、サラッと覚えておきましょう。

 

 

トレンティーノ・アルト・アディジェ州

トレンティーノ・アルト・アディジェ州のポイント

イタリアで最も北に位置する州です。北はオーストリア、スイスと国境を接しています。北部がドイツ語圏のアルト・アディジェ地方、南部がイタリア語圏のトレンティーノ地方と、2つの異なる文化圏が合わさった州と言えます。そのため、ワインのラベルなどはドイツ語、イタリア語併記だそうです。

 

トレンティーノ・アルト・アディジェ州の主なブドウ品種

黒ブドウは「スキアーヴァ」や「ラグライン」といったアルト・アディジェ地方固有の品種や「テロルデゴ」というトレンティーノ地方固有の品種が栽培されています。

 

白ブドウはイタリア北部でも広く栽培される「ピノ・ビアンコ」や「ピノ・グリージョ」の他に、オーストリアでも多く生産される「ミュラー・トゥルガウ」も生産されていますね。

 

トレンティーノ・アルト・アディジェ州の主要なDOCワイン(DOCGはなし)

トレント(スパークリング)

瓶内二次発酵のスパークリングワインです。トレンティーノで近年成長著しいDOCで、シャルドネを中心に生産されます。ロンバルディア州のフランチャコルタと並んで、イタリアの瓶内二次発酵スパークリングワインを代表する呼称だそうです。

 

・テロルデゴ・ロタリアーノ(赤)

「ロタリアーノ平野」で栽培された「テロルデゴ」から造られるDOC。

 

他にDOCアルト・アディジェ、DOCトレンティーノなどがありますが、地方名そのままである事と、ブドウ品種が多岐に渡るため、出題される可能性は低いと思います。

 

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のポイント

イタリアの北東部に位置するフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州は、北はオーストリア、東はスロヴェニア(案外知られていない)と国境を接しています。イタリアでは高級白ワインの産地としても有名で、DOCGワインも輩出しています。

 

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の主なブドウ品種

白ブドウの「フリウラーノ」をチェックしておきましょう。この州を代表する白ブドウ品種であり、名前から固有品種と思われがちですが、ヴェネト州やロンバルディア州でも栽培されています。

 

黒ブドウは「レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ」など固有品種が栽培されています。

 

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の主要なDOCGワイン

リソン(白)

ヴェネト州の回でも紹介しましたが、ヴェネト州とフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州という2つの州にまたがったDOCGですので要注意です。ブドウ品種は「タイ」という珍しい品種を使用します。

 

・ロサッツォ(白)

「フリウラーノ」主体のDOCG。

 

・ラマンドロ(白甘口)

「ヴェルドゥッツォ・フリウラーノ」というブドウ品種を陰干しして発酵後熟成した甘口ワイン。

 

・コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ・ピコリット(白甘口)

「ピコリット」というブドウ品種を陰干しして発酵後熟成した甘口ワイン。

 

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の主要なDOCワイン

・コッリ・ゴリツィアーノ/コッリオ(白)

・フリウリ・コッリ・オリエンターリ(赤・白)

 

完璧に覚えるというよりは、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のワインである事をぼんやり覚えておけば問題ないかなと個人的には思います。

 

 

エミリア・ロマーニャ州

エミリア・ロマーニャ州のポイント

ロンバルディア州とヴェネト州の南に位置するエミリア・ロマーニャ州。州都はボローニャで、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州と同じくDOCGワインも認められています。※ボローニャにはサッカー選手の中田英寿選手が一時期所属していましたね。

 

エミリア・ロマーニャ州といえば赤の微発泡ワインである「DOCランブルスコ」が有名ですね。また、パルマの生ハム、パルミジャーノ・レッジャーノというチーズ、バルサミコ酢などの高級食材もこの州の重要産業です。

 

エミリア・ロマーニャ州の主なブドウ品種

白ブドウの「アルバーナ」はチェックしておきましょう。DOCGワインである「ロマーニャ・アルバーナ」に用いられるブドウ品種です。また「ランブルスコ」と名の付くワインには「ランブルスコ」という同名の黒ブドウが使われます。ランブルスコというブドウ品種があるという事だけ覚えておきましょう。一度覚えておけば忘れないと思います。

 

エミリア・ロマーニャ州の主要なDOCGワイン

・ロマーニャ・アルバーナ(白辛口~白甘口)

「アルバーナ」というブドウ品種を用いたDOCGワイン。

 

・コッリ・ボロニェージ・クラッシコ・ピニョレット(白)

「ピニョレット」というブドウ品種を主体としたDOCGワイン。「ボロニェージ」という表記から州都がボローニャであるエミリア・ロマーニャ州のワインだと関連付けて覚えておきましょう。ちなみに、「ピニョレット」というブドウ品種はウンブリア州では「グレケット」と呼ばれます。

 

エミリア・ロマーニャ州の主要なDOCワイン

・ランブルスコ・ディ・ソルバーラ

・ランブルスコ・グラスパロッサ・カステルヴェートロ

覚えるべきなのは、「ランブルスコ」と名の付くワインはDOCGではなくDOCワインである事です。

 

 

第24回小テスト:イタリア⑤ 北部5州(ヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州、エミリア・ロマーニャ州)

 

第24回:イタリア⑤ 北部5州(ヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州、エミリア・ロマーニャ州)

第24回:イタリア⑤ 北部5州(ヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、エミリア・ロマーニャ州)

 

最後に

 

北部の5州(ヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州、エミリア・ロマーニャ州)について今回ご紹介しました。テストセンターに一次試験が移行した後も、正直出題される可能性は高くはないです。しかしながら、個性豊かなワインが多く造られていますので、ポイントだけおさえて対応するようにしましょう。

 

World Wine Entertainment

 

(参考)ソムリエフォーフリー

 

 

おススメ関連記事

World Wine Entertainment

 

 

最新情報をお届けします