【ソムリエ・ワインエキスパート試験/対策問題】第7回:フランス・シャンパーニュ地方

※本ブログの問題は一般社団法人日本ソムリエ協会が発行している「日本ソムリエ協会教本(2018)」をもとにしています。最新の情報は最新のソムリエ教本をご確認ください。

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策

 

本記事では、ソムリエ・ワインエキスパート試験にて出題されそうな問題について小テスト形式でご紹介します。何度も問題を繰り返すことで、身についていくと思いますので、コツコツと一つずつクリアしていきましょう。また、選択肢に表示されている単語で、知らない単語などがあればそちらもチェックしておきましょう。

 

今回はシャンパーニュ地方です。シャンパーニュはシャンパン(シャンパーニュ)と呼ばれる発泡性のワインが特徴ですね。問題としては、シャンパーニュ醸造方法と用語が問われる事が多いです。その辺りを重点的に勉強しましょう。

 

スポンサーリンク

シャンパーニュ地方の歴史

 

シャンパーニュ地方は「石灰質」の土壌で、熟成させるには最適な環境であると言われています。フランスでは北に位置するブドウ栽培では厳しい条件の土地ではありますが、その条件ならではの独自のワイン文化が生まれました。それがシャンパン(シャンパーニュ)ですね。

 

17世紀末頃に修道士であるドン・ペリニヨンが、様々な畑のブドウをブレンド(アッサンブラージュ)し、天候に関わらず品質の高いワインを生み出しました。冬の寒さで中断したアルコール発酵が春に再開する事で瓶内で発酵し(瓶内二次発酵)泡となります。それがイギリスやフランスで人気となり、それ以降は「敢えて発泡させる」という独自の手法が取られるようになりました。

 

1816年には、マダム・クリコが、ピュピトルを利用したルミアージュを考案し、澱を取り除いたクリアなシャンパーニュができるようになりました。なお、シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴは2015年にユネスコの世界遺産に登録されています。

 

スポンサーリンク

シャンパーニュ地方

 

シャンパーニュ地方は、主に3つの地区に分かれます。グラン・クリュがどの地方に位置するかは覚えておきましょう。なお、グラン・クリュは、格付けクリュ100%の畑のブドウだけで造ったシャンパーニュであり、プルミエ・クリュ格付け90%以上のブドウだけで造ったシャンパーニュが名乗ることができます。ちなみにグラン・クリュは17、プルミエ・クリュは42のコミューンが指定されています。

 

また、シャンパーニュ以外もA.O.Cが認定されており、コトー・シャンプノワは赤、ロゼ、白が認められています。また、ロゼ・デ・リセーはピノ・ノワールのみで造られるロゼワインです。どちらもスパークリングでなく泡なしのスティルワインです。

 

モンターニュ・ド・ランス地区(ピノノワール主体)

[グラン・クリュは9個]

①アンボネー、②ボーモン・シュール・ヴェル、③ブージー、④ルーボワ、⑤マイイ、⑥ピュイジー、⑦シルリ、⑧ヴェルズネー、⑨ヴェルジ

 

ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区(ムニエ中心)

[グラン・クリュは2個]

①アイ、②トュール・シュール・マルネ

コート・デ・ブラン地区(ほぼシャルドネ)

[グラン・クリュは6個]

①アヴィーズ、②シュイイ、③クラマン、④ル・メニル・シュール・オジェ、⑤オジェ、⑥オワリー

 

覚え方としては、まずヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区の2カ所を覚え、次に、コート・デ・ブラン地区(A,C,Oが頭文字のコミューンが多い)を覚えて、残りがモンターニュ・ド・ランス地区というイメージでしょうか。

 

スポンサーリンク

シャンパーニュの諸規定

 

シャンパーニュには厳しい規定があります。アルコール度数は11度以上ですね。また、ブドウを育てる厳しい環境や歴史的背景から、フランスでは珍しく「収穫年の異なるブドウを混ぜる事」が許されています。それだけに、単一の収穫年であるブドウからできるシャンパーニュは「ミレジメ」と言って高級ワインになる事が多いですね。

ミレジメ

単一の収穫年のブドウから造られたシャンパーニュ。ティラージュの後は最低3年間は販売できない

ノン・ミレジメ

収穫年の異なるブドウから造ってもいい。ティラージュの後は15ヶ月以上(12ヵ月以上は澱と共に)熟成が必要

 

スポンサーリンク

甘さと辛さの規定

 

こちらは、以前も記事にしましたのでご参照ください。

World Wine Entertainment

 

スポンサーリンク

ラベル表示の用語

 

ブラン・ド・ブラン

シャルドネだけで造ったシャンパーニュ

ブラン・ド・ノワール

ピノ・ノワール、ムニエだけで造ったシャンパーニュ

 

ラベル表記

N.M.

シャンパーニュを製造する会社や個人が、必要とするブドウを外部から購入する。ほとんどがこれに属する

C.M.

協同組合名でシャンパーニュを生産販売する

R.M.

自家ブドウ栽培中心の製造者で小規模生産者が多い

M.A.

買い手の所有する銘柄

R.C.

栽培家が加盟する協同組合の製造

S.R.

同族の栽培家によって構成される会社が製造

 

スポンサーリンク

第7回小テスト:シャンパーニュ地方

 

スポンサーリンク

第7回:フランス・シャンパーニュ地方

第7回:フランス・シャンパーニュ地方

 

スポンサーリンク

最後に

 

個人的には普段はあまり飲む事が無いシャンパーニュですが、醸造方法を知るとワイン選びも楽しくなってきますね。厳しい規定の中で造られていますので、クオリティが高いスパークリングワインである事は間違いないですね。

 

練習問題を繰り返し解くことによってクリアしていきましょう。

 

おススメ関連記事

World Wine Entertainment

 

スポンサーリンク

 

最新情報をお届けします