【ソムリエ・ワインエキスパート試験/対策問題】第75回:酒類飲料概論③ リキュール

※本ブログの問題は一般社団法人日本ソムリエ協会が発行している「日本ソムリエ協会教本(2020)」をもとにしています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策

 

本記事では、ソムリエ・ワインエキスパート試験にて出題されそうな問題について小テスト形式でご紹介します。何度も問題を繰り返すことで、身についていくと思いますので、コツコツと一つずつクリアしていきましょう。また、選択肢に表示されている単語で、知らない単語などがあればそちらもチェックしておきましょう。

 

今回は酒類飲料概論3回目です。リキュールについて集中的に勉強していきましょう。ソムリエ・ワインエキスパート試験の二次試験にも「その他のお酒」として出題されますので、特徴などはおさえるようにしましょう。

 

リキュール

概要

リキュールは一般的に「蒸留酒に果実、香草、花などの香味を抽出させ、甘味を加え、着色したもの」を指す場合が多いです。ソムリエ教本では非常に多くの種類が紹介されています。全てを完璧に覚える必要はなく、どういった特徴を持つのか把握すれば問題ありません。また、ここをやっておけば二次試験で出題される「その他のお酒」の正解にも近づきます。

 

1.香草・薬草系

アブサン

ニガヨモギを香味の主原料とするリキュール。ニガヨモギに含まれる「ツヨン」が健康を損ねることがわかりましたが、現在は許容量を定めて販売されています。

アブサン(出典:Wikipedia)

アニゼ

アニスの種子の香味を主体としたリキュールの総称です。

・白色アニス:甘草(リコリス)を使わない

・カラーアニス:甘草(リコリス)は使わない。代表銘柄は「ペルノ

・パスティス:アニスと甘草(リコリス)が主原料

・アニゼット、或いはアニス・リキュール:甘い。イタリアの「サンブーカ」など

 

キンキナ

原料はキナの木の樹皮。ワインベースでアルコール強化ワインにも分類されます。

シャルトリューズ

フランスのヴォワロン修道院で誕生。ヴェルト(緑:アルコール55度)ジョーヌ(黄:40度)の2種類があります。

シャルトリューズ・ヴェルト(出典:Wikipedia)

ベネディクティン

フランス北部ノルマンディー地方のベネディクト修道院で誕生。27種類の薬草、スパイス類が使われます。アルコール度数は40度

ベネディクティン(出典:Wikipedia)

スーズ

フランス産。リンドウ科ジェンシアンの根を主原料。アルコール度数は15度

スーズ(出典:Wikipedia)

カンパリ

イタリア・ミラノ産。ビター・オレンジ果皮が主原料。アルコール度数は25度。

カンパリ(出典:Wikipedia)

ガリアーノ

イタリア産。40種以上のハーブやスパイスを使用。アルコール度数は42.3度。

ガリアーノ(出典:Wikipedia)

アマーロ

イタリア産。「苦い」を意味します。薬草酒です。

サンブーカ

イタリア産。アニスシード、エルダーベリー、リコリス(甘草)などを使用します。

チナール

イタリア産。アーティチョークを主原料に13種類のハーブや植物が使われます。

ウゾ

ギリシャ産。アニスを蒸留酒に浸漬し、再度蒸留。

ウゾ(出典:Wikipedia)

イエーガーマイスター

ドイツ産。56種類のハーブやスパイスが主原料。アルコール度数は35度。

イエーガーマイスター(出典:Wikipedia)

ドランブイ

スコットランド産。スコッチウイスキーに蜂蜜やハーブを配合。「心を満たす飲み物」という意味です。アルコール度数は40度。

ドランブイ(出典:Wikipedia)

グリーン・ティー

日本で1960年に開発された緑茶のリキュール。

 

2.果実系

キュラソー

オレンジ果皮で香味形成した製品で、ホワイトキュラソー(コアントローなど)やオレンジキュラソー(グラン・マルニエ)などがあります。他にも着色料によってブルー・キュラソー、レッド・キュラソーなどもありますね。

ホワイトキュラソー:コアントロー(出典:Wikipedia)
オレンジキュラソー:グラン・マルニエ(出典:Wikipedia)

マラスキーノ

イタリア産。マラスカ種チェリーを利用します。代表銘柄はルクサルド。アルコール度数32度。

マラスキーノ:ルクサルド(出典:Wikipedia)

クレーム・ド・カシス

カシスの実を使用。クレーム・ド・カシスの他にも、使用する原料によって、クレーム・ド・フランボワーズ(ラズベリー)、クレーム・ド・フレーズ(ストロベリー)、クレーム・ド・ミュール・ソヴァージュ(ブラックベリー)などがあります。

サザン・カンフォート

アメリカ産。中性スピリッツにピーチほか数十種類のフルーツとハーブを配合。アルコール度数は21度。

サザン・カンフォート(出典:Wikipedia)

梅酒

日本産。青梅(時には完熟梅)を浸漬させたもの。

 

3.ナッツ・ビーン(種子)・カーネル(核)系

アマレット

イタリア産のアーモンド・フレーヴァー・リキュールアンズの核が主原料。代表銘柄はディサローノ。アルコール度数は28度。

アマレット(出典:Wikipedia)

フランジェリコ

イタリア産のヘーゼルナッツ風味のリキュールの代表銘柄。アルコール度数20度。

 

4.特殊系

ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム

アイルランド産。脂肪と牛乳クリームをアイリッシュウイスキーと一本化

ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム(出典:Wikipedia)

アドヴォカート

オランダ、ドイツなどで卵黄から造られるエッグ・リキュール。

アドヴォカート(出典:Wikipedia)

 

 

第75回小テスト:酒類飲料概論③ リキュール

 

第75回:酒類飲料概論③ リキュール

第75回:酒類飲料概論③ リキュール

 

最後に

 

リキュールは二次試験の「その他のお酒」対策としても重要です。配点も高いですので確実に正解できるよう、一つずつ覚えて間違えないようにしましょう。

 

 

(参考)ソムリエフォーフリー

 

 

おススメ関連記事

 

 

最新情報をお届けします